今更聞けないTwitterとその使い方

今更聞けないTwitterとその使い方
Twitter(ツイッター)ロゴ

Twitter(ツイッター)とは若者を中心に根強い人気を持つSNSです。

企業がマーケティングに活用する事例も多くあります。

今回はこのツイッターについて解説していこうと思います。

今回のポイント

✅Twitterの使い方

✅ツイート時のよく使う機能

✅その他便利機能

それでは、早速解説をしていきます。

Advertisement

Twitter(ツイッター)とは

主な機能は1回につき140文字までのテキストを投稿するというシンプルなもの。

しかし『リツイート』という機能によって最初に発信したツイートが他のユーザーへ次々に拡散されていくという機能も併せて持ちます。

この機能により『Facebook』や『Instagram』といったSNSと比較しても拡散性が非常に高い性質を持ちます。

またアカウントを承認し合うことで繋がるSNSとは異なり、好みのツイートをしてくれるユーザーを一方的に『フォロー』できることも特徴となります。

これは趣味や興味だけで繋がるということになる為、全く知らない者同士が交流するというTwitter(ツイッター)独自の魅力ともなっています。

現在、国内で約4,500万人が利用しています。

そして利用者は若者をはじめ、多くの層が利用していることが以下のグラフで分かります。

Twitterの国内利用者数

全世界規模では3億人のを超える利用者がいます。

Twitterの世界利用者数

この利用者数とTwitter(ツイッター)の他のSNSとは違った特異性を利用し、様々な企業がマーケティングに活用しています。

Twitter(ツイッター)の使い方

ツイート

「ツイート」とはTwitterにテキスト・画像・動画などを投稿することです。トップ画面上の長細い入力欄にテキストを入力できます。

1回の投稿で140文字まで投稿でき、ツイート数はホーム画面の右側に表示されます。日本では「つぶやき」と呼ばれることもあります。

ツイート画面

タイムライン

Twitterを開くと最初に表れる画面のことを「タイムライン」と呼びます。

他人のツイートも自分のツイートも時系列で表示されます。気に入ったアカウントをフォローすると画像のように優先的に表示されるようになります。

タイムライン画面

話題を検索

『# 話題を検索』をクリックしてみましょう。

すると今話題の情報がタイムライン上に現れます。

話題を検索___Twitter.png

キーワード検索

『キーワード検索』窓に検索したいキーワードを入れるとタイムライン上に関連する情報が表示されます。

話題を検索___Twitter.png

タグ検索

キーワド検索直下のタグをクリックすることで、関連の情報をタイムライン上に表示させることができます。

話題を検索___Twitter.png

フォロー

自分の興味関心・好みに合うツイートをするユーザーを見つけたら、画像のような「フォローする」をクリックします。

_1__ITmedia_NEWSさんはTwitterを使っています__「「インターネット税はデマ」と総務省 ユニバーサルサービス制度の見直し案を誤解か_https___t_co_c7C7rLJaRZ」___Twitter.png

フォローすることで、自分がフォローした人のツイートが画面中央のタイムラインに表示されるようになります。

新聞・雑誌の定期購読者に似た考え方で、フォローを行うと相手方にもフォロワーが増えたことがわかるようになっています。

※フォローは基本的に一方的に行われ、許可や承諾を行う必要はありません。

※鍵付き(非公開)アカウントをフォローする場合のみ、承認が必要。

フォローは決して悪いことではないので、気になるツイートをしている方にはどんどんフォローしていきましょう。

フォロワー

自分のツイートを定期的に読んでいる=フォローしている人のことを指します。

あっ!私のフォロワーの方々ありがとうございます!!

52712EF7-EAAE-453E-8F64-64F21BEF97DE.png

リプライ(返信)/@ツイート

ツイートに対して返信する機能のことです。「リプ」と略して呼ばれることもあります。

リプライ(返信)/@ツイートアイコン説明

いいね

投稿した内容に対し気軽に共感を伝えることができる機能です。

自分が「いいね」したツイートをあとからまとめて見ることもできるので、お気に入りリストのように利用することもできます。ハートマークを押すだけで「いいね」は完了です。

BDB85053-0E94-47F5-BB32-BEC684815333.png

リツイート/RT

他人のツイートにコメントを付けてツイートする機能です。

リツイートと同じダイアログで、引用リツイートの場合は、自分のコメントを追加してリツイートします。

BDB85053-0E94-47F5-BB32-BEC684815333.png

ツイート時の機能

ハッシュタグ

#を単語の前に付けたテキストのことです。ハッシュタグ投稿内容を端的に表すキーワードであり、リンクになります。ハッシュタグをクリックすると、同じハッシュタグが付いた投稿の一覧を見ることができます。ハッシュタグで検索しても、同じように投稿を一覧で見られます。

この機能はTwitterで生まれたものですが、現在ではInstagramやFacebookでも検索のための分類や目印として使われています。

ハッシュタグは『 #○○○ 』のように入力します。

入力時の注意すべき点

  • シャープは半角であること
  • 文章内にハッシュタグを入れる場合は前後に半角スペースを入れること

タグ付け

Twitterで写真を投稿する際、写真に写っているユーザーをタグ付けすることができます。タグ付けして投稿された写真では、写真上部の人物名をクリックするとそのユーザーのプロフィール画面が表示されます。

その他機能

ダイレクトメッセージ/DM

1対1のメッセージ機能です。Twitter画面上部にある「メッセージ」をクリックすると、ダイレクトメッセージ画面が立ち上がります。基本的に「DM」を送信するには受信者からフォローされていなければ送れませんが、プライバシー設定で「全てのユーザーから受信する」に設定していれば、フォローなしでも1対1のダイレクトメッセージが可能になります。

アンケート機能

ユーザーに質問を投げかけ、その答えをすぐに集計できる機能です。

モーメント機能

モーメント機能を任意のツイートに設定すると、タイムライン上部でまとめて閲覧できるようになります。モーメントは自分のツイートでも、ほかのユーザーのツイートでも設定できます。また画面右側にある「モーメント作成」で自分のオリジナルモーメントを作り、それをツイートすることも可能です。企業や商品のプロモートによく活用されています。

カルーセル機能

一回の投稿で複数の写真や動画が投稿できる機能です。横にスライドすることで、複数の関連画像を表示するので、一貫性のあるプロモツイートが可能になります。

その他用語

フォロバ

フォローしてくれた人をフォローし返すこと。略して「フォロバ」と呼ばれています。

SNSカテゴリの最新記事